全角半角の区別は不要

「日本語。jp」はOKだが、「日本語。こm」」はダメ

執筆日:2007年10月23日

インターネット上のSNSや掲示板には、日本語ドメインは入力するのに全角と半角を入れ替えなくてはならないので不便であるとの主張を多く見かけます。確かに、文字入力モードの切り替えが面倒くさいのは間違いありません。但し、この主張は「日本語.jp」といったドメイン名の場合は当てはまりません。何故なら、「日本語.jp」の代わりに「日本語。jp」と大文字でブラウザのアドレスバーに入力しても「日本語.jp」のホームページに辿りつく事が出来るからです。しかしながら、「日本語.com」などの日本語ドメインを使用している場合は、そのまま全角でアドレスバーに日本語の独自ドメイン名を入力しようとすると、「日本語。こm」といった具合にアドレスが変わってしまうので、改めて半角で入力し直す必要が出てきます。「Altキー」や「半角/全角キー」を使用しての全角、半角の変換に慣れている人であれば、この作業にゼロコンマ数秒しか要しないと思いますが、微妙に面倒くさいことは確かです。いちいちマウスを利用して全角、半角の変換を行っている人にとっては、入力モードの変換は更に面倒くさいことでしょう。

しかしながら、「日本語.com」などの入力に必要な時間を心配する前に、現在、大多数の日本人がどのように日本語のホームページにアクセスしているか認識しておく必要があります。というのも、現状では、英語やローマ字の独自ドメイン名を使用しているサイトを訪問するに当たって、直接ブラウザのアドレスバーにドメイン名を入力して目的のサイトを訪問する日本人は非常に少ないのです。一部、価格ドットコムのように、独自ドメイン名が広く認知されている例外的なケースもあることにはあります。しかし、日本人が簡単に記憶できる英語やローマ字の独自ドメインを使用したサイトは極めて稀であり、現在、ほとんどのインターネットユーザーは、検索エンジンを使用して目的のホームページに辿りつくという手法を用いています。ホームページの宣伝をする企業もこのことは熟知しているようで、テレビ広告などでは、「~で検索してください」という文句が頻繁に聞かれます。大多数の日本人が検索エンジンを経由して目的のホームページに辿りつくまでに要する手間と、「日本語.com」とアドレスバーに入力する際の手間を比べれば、恐らく後者の方がずっと簡単かと思います。

しかも、中小のホームページを中心に、どのようなキーワードを用いても検索エンジンでの上位表示が困難なサイトが多数あることも事実であり、このようなホームページでは、検索エンジン経由でのアクセスを期待することは出来ません。また、それでなくても検索エンジンは一度に複数の検索結果を表示するため、「~で検索してください」といったアピール方法では、競合するホームページにアクセスを奪われてしまう危険性があります。日本語ドメインでは、そのような危険性が全くないので、安心してホームページの宣伝をすることができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿