テレビ番組・CMにおける使用事例

インターネットにおけるマーケティング戦略の一環として日本語ドメインが使用されている事例を幾つか紹介します。

以上はあくまで例です。今は海外にいて日本のテレビをチェックできないため最近の動向は良くわかりません。かつて日本語ドメインを大々的に使用した広告では、キリンビバレッジの「生茶.jp」や、日産自動車の「艶やかコンパクト.com」、花王の「カワイイをつくる.com」、アメリカンホーム保険会社の「アメリカンホーム.com」などがありました。

テレビ番組では久米宏司会の「テレヤツ.jp」(すでに番組終了)が番組名にそのまま日本語ドメインを使用していました。

更新日:2012年1月29日

0 件のコメント:

コメントを投稿