インターネット鎖国?

執筆日:2007年10月23日

日本語ドメインを使用することがインターネット鎖国に繋がるとの主張は、あまりにも飛躍しすぎていて滑稽ですらあります。まず、はっきり申し上げまして、外国語オンリーのホームページに日本語ドメインを使用しようとする人物はほぼ皆無だろうと思います。私も英語オンリーのホームページを持っておりますが、これには外国人の友人がアクセスできるように、アルファベットの独自ドメインを使用しています。そして、日本語ドメインは日本語オンリーのホームページにあてがっているわけですが、これら日本語オンリーのホームページにアクセスしてくるのは基本的に日本人だけですので、全く問題はありません。もし私の知らないところで私の日本語ドメインページにアクセスしている外国人がいたとしても、それは検索エンジンかリンクを辿ってのアクセスでしょうから、日本語ドメインを使用していることが障害になっているはずはありません。また、私はローマ字ドメインを使用した日本語オンリーのホームページも持ってはいますが、外国の友人にそれらのアドレスを教えるようなことは無意味なのでしていません。もちろん、日本語オンリーのホームページのドメイン名を聞いてくるような奇抜な外国の友人もおりません。ということで、個人的には日本語ドメインを複数使用していますが、インターネット鎖国に貢献している印象はまったくありません。

ここまで書くと、じゃあ、日本語と外国語の両方を使用しているホームページはどうなんだと言う方がおられるかもしれませんが、その場合は、単に日本語ドメインを使用せずにローマ字のドメインを使用すれば良いだけのことだと思います。同様に美しい画像や何人にも使えるソフトウェアを広く世界に公開したい人は、ローマ字ドメインを使用すれば良いのです。別に日本語ドメインが普及したところで、ローマ字ドメインがなくなるわけではないのですから。少なくとも、大多数の日本人が運用する日本語オンリーのホームページや、外国語は「Sorry! Japanese Only.」としか書かれていないようなホームページに日本語ドメインを使用することが、外国人を拒絶することには繋がりません。それらのホームページにアクセスするのは、もともと、日本人であれ外国人であれ、基本的に日本語が理解できる人物のみだからです。

日本語ドメインの使用がインターネット鎖国に繋がるなどという非現実的な心配をするよりは、日本語オンリーのホームページに英語やローマ字のドメイン名を使用していることによって、英語やローマ字の苦手な日本人がドメイン名を覚えられないでいることを憂慮するべきだと私は思います。英語やローマ字のドメインだって運用上の問題はないのだからそれで良いではないかと考える人もいるかもしれませんが、インターネット上の住所たるドメインは、運用できればそれで良いという類のものではありません。その論理が通用するのならば、自宅の住所だって全てローマ字で表記することが可能なわけですから、それもローマ字表記にしたら良いではないかということになります。日本語のホームページに日本語ドメインを使わないのは、国内の自宅住所を日本語表記しないようなものなのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿